カウくるトップページ     ICERアイサー輸入車用ブレーキパッドイージーグリップACDELCOバッテリーチャージャー     
各種クレジットカード利用可能 
車好きのためのコミュニティサイト「カーくる」へ飛びます。 ショッピングヘルプ 買い物かごの中を見る ご利用ガイド ショップ紹介 支払送料

main unica packge tuf
正しい使用方法  

装着希望サイズを変更する。

 

正しい使用方法(取扱説明書)
パッケージの内容 クラック&ゴー・ユニカ金属チェーン 1ペア
「取扱説明書」本内容の小冊子 1冊
ビニール手袋 1ペア
サイドチェーン留め具 2つ
修正リング 2つ
ご使用にあたっての注意
1_1

この度はクラック&ゴー・ユニカ(M32)をお買い上げいただき誠にありがとうございます。このスノーチェーンは冬季における緊急用装置ですので、最大限の性能を発揮させるためにも、本「取扱説明書」や「ご注意」などをよく お読みいただき、正しくご使用いただきますようお願い申し上げます。
特にチェーンはタイヤにしっかりと装着されていることが重要です。万一、緩みや適正な位置に装着されていないと破損、チェーン切れ、ケーブル切れの原因となります。
また、チェーンを装着する車の「取扱説明書」に記載されている「チェーン装着時の注意事項」も合わせてご参照ください。

チェーンは、ご購入後直ちに装着し、タイヤへのフィッティング、及び車体との接触が無い事を確認しておいてください。(この事前テスト装着時に、万一装着出来ない場合は、チェーンをお買い求めになった販売店にご相談ください。)
装着の際にケーブル接続部が外れにくい場合は、軍手等をつけ接続部の両側を持って、雑巾を絞るような要領で中心部へ左右の手をもみこんで外してください。
ホイールと自動増締めテンショナーが、なるべく接触しないようセットして ください。自動増締めテンショナーとホイールが強く接触すると、ホイールに キズが付く恐れがありますので、ご注意ください。
ホイールカバーを装着している場合は、ホイールカバーを取り外してください。
路面と接する部分のチェーンが新品時に対して1/3 以上摩耗した場合は使用しないでください(図1)
チェーンが切れた場合、付属の修理リングを 使って応急修理を行う事が出来ます。図のように ペンチにて応急修理を行ってください(ペンチは 付属していません)。但し路面に接する部分の チェーンリングは修理出来ません。
スピードの出し過ぎや、長距離走行、叉タイヤを空転(スピン)させると、タイヤの側面(含むタイヤ側面の文字等)を摩耗させてしまう場合がありますので、ご注意ください。(特に乾燥路の長距離走行)
乾燥路や、氷雪路であってもチェーンが路面に直接接触する路面では、チェーン切れの可能性が高まりますので、チェーンは極力取り外してください。
本チェーンをタイヤ(特にスタッドレスタイヤ)に装着する際に、チェーンリングが9mmと細いため、タイヤの溝に食い込み装着しづらいことがあります。その際はていねいにチェーンを1本づつタイヤの溝から刷らして装着してください。
   


■各部名称  
2_1
スノーチェーン装着前に、自動増締めテンショナー(以下、テンショナー)(3)のワイヤーが完全に巻き取られているか確認してください。
もし、ワイヤーが巻き取られていない場合は、テンショナー(3)をしっかりと握り、オレンジ色のトップブロック(4)を写真のように引張り(黒色フィンガーガードは引張らないでください。破損の原因となります。)、レバー(B)を『GO』の方向に押し込み、ワイヤーが完全に巻き取られたことを確認します。

その際に、ワイヤーの巻き取られるスピードが速いため、ワイヤーが手に接触するとケガをする恐れがありますので、特にご注意ください。
 
2_3
■識別刻印と商品サイズ
装着前に商品サイズをご確認ください。

商品サイズ
ケーブル部刻印
商品サイズ
ケーブル部刻印
L020
M32 L020
L080
M32 L080
L030
M32 L030
L090
M32 L090
L040
M32 L040
L100
M32 L100
L045
M32 L045
L110
M32 L110
L050
M32 L050
L120
M32 L120
L060
M32 L060
L130
M32 L130
L065
M32 L065
L140
M32 L140
L070
M32 L070
   

装着の手順
3_1
cutionケガを防止するために作業時は軍手等の手袋をつけて作業する ことを強くおすすめします。
1 ダブルフック(A)には裏・表があります。チェーンがねじれていないことを確認し、もつれないように広げ、 ダブルフック(A)を上の写真のように、折り曲げた先端が下 (地面側)になるように広げて置きます。
(チェーンがねじれている場合は、ていねいに広げ戻します)
チェーンのケーブル先端部(1)を、タイヤの後ろ側に右から左に 通します。
3_2
3_2
2 ケーブルの先端部(1)(2)を持って、タイヤの上部手前側に 移動させ、結合してからしっかりひっぱり確実に連結させます。
3

サイドチェーン(7)をフラットフック(5)にかけます。

34 41
4 ケーブル(6)をタイヤの後ろ側に移動させ、ケーブル (6)がトレッド面(タイヤの踏面)にかからないように します。ケーブル(6)がホイールに沿って均等な位置になっていることを確認してください。
5 テンショナー(3)を持って、レバー(B)を『OPEN』(オー プン)の方向へカチッと音がするまで、起こします。(注:レバー(B)を力一杯引っ張らないでください。折れることがあります。)
42 43
6 テンショナー(3)のサイド部を写真のようにしっかり持って、オレンジ色のトップブロック(4)を引張り、ワイヤーを引き出します(20cm以上)。 (フィンガーガードは引張らないでください。破損の原因となります。)
7 トップブロック(4)をフラットフック(5)に掛けます。
cution トップブロック(4)とフラットフック(5)が確実に掛かって いることを確認してください。
52
8 次に写真のようにサイドチェーン(7)を可能な限り 詰めて掛けます。(リング1コマ〜5コマの範囲) 余ったサイドチェーン(7)は付属のサイドチェーン止め具 (8)で写真のように止めて下さい。(タイヤサイズに よっては詰められない場合があります。その場合は 装着の手順9に進んで下さい。) これでサイドチェーン(7)の調整は終わりです。
9 テンショナー(3)を持って、レバー(B)を「GO」の方向にカチッと音がするまで押込みます。これでワイヤーが自動的に締まります。
cution ワイヤーの巻き取られるスピードが速いため、ワイヤーが 手に接触するとケガをする恐れがありますので、特に 注意して作業してください。また、テンショナー(3)の ワイヤー巻取り口に指などが来ないよう、テンショナー(3)を写真のように握って作業してください。
 
53
10 これでスノーチェーンは走行によって自動的に増締めされます。まず、チェーンと車の接触音や異常音がないか、100〜200m程度のならし走行を行って確認し、安全な場所に車を止めてチェーンが正しい位置に装着されているか、またワイヤーがテンショナー(3)から15mm以上出ていることを確認してください。尚、チェーンを装着して車を発進させる際には、オートマ車はクリープ現象を使い、マニュアル車は2速ギアを使うなど、タイヤを空転させないように心掛けてください。タイヤの空転(空回り)はチェーンに無理な力がかかり、破損の原因となります。チェーン装着時はアクセル、ブレーキ、ハンドルをゆっくり・ていねいに操作してください。
cution もし、テンショナー(3)とトップブロック(4)が接触している(ワイヤーが見えない)場合は、自動増締め機構が作動せずにチェーン切れ等、重大な事故につながる恐れがありますので、テンショナー(3)のレバー(B)を「OPEN」(オープン)の方向へカチッと音がするまで起こし、トップブロック(4)を引っ張り、ワイヤーを20cm以上引き出してから、装着の手順8に戻って作業してください。
チェーンの取り外し手順
61
cution ケガを防止するために作業時は軍手等の手袋をつけて作業する ことを強くおすすめします。
1 写真のように、テンショナー(3)がタイヤの下部に来るように 安全な平坦路で車を止めます。
62 62
2 テンショナー(3)を持って、レバー(B)を「OPEN」(オープン)の 方向へカチッと音がするまで起こします。(注:レバー(B)を力一杯引っ張らないでください。折れることがあります。)
3 テンショナー(3)を持って、オレンジ色のトップブロック(4)を引っ張り、ワイヤーを完全に引き出します(20cm以上)。(フィンガーガードは引張らないでください。破損の原因となります。)
64 71
4 トップブロック(4)をフラットフック(5)から取り外します。
5 写真のようにサイドチェーンを持って、ケーブル先 端部(1)(2)がタイヤ上部手前側に来るまでしっかり 引き出します。
73 72
6 ケーブルの先端部(1)(2)を取り外し持ったまま、タイ ヤの下の地面に置きます。
7 サイドチェーン(7)をフラットフック(5)から取り外します。
74
8

下に広げられたチェーンをタイヤの裏側から引き出します。または車を前または後ろにゆっくりとタイヤ半回転ほど 移動させます。
その際に、タイヤがテンショナー(3)を踏まないように 充分注意して作業してください。
テンショナー(3)を踏むと破損する場合があります。



■チェーン装着時の走行について
タイヤチェーンは緊急用の滑り止め装置であり、氷雪路を少しでも安全に走行できるように考え られた商品であり消耗品です。従って、タイヤチェーンを装着すれば、通常走行できると言う事で はなく通常走行以上に慎重な運転を心がけて頂くようお願いします。 また、タイヤチェーンはタイヤに装着されて初めてその性能を発揮します。「クラック&ゴー・ユニカ」を 装着した駆動輪と、装着しない遊動輪とでは、その性能が著しく異なります。この大きな性能差に より、「クラック&ゴー・ユニカ」を装着した2つの駆動輪が、車の走行を支えます。(摩擦係数−ミュ ーの極端に低い氷雪路面では、車輪前後の性能差により不安定になる事もあります。)従って「ク ラック&ゴー・ユニカ」の取扱いに十分なご理解をいただき、警告事項等を確実に守っていただく事 が、交通安全とご自身の安全のために絶対必要です。警告事項を守らないために、「クラック&ゴー ・ユニカ」の性能が発揮できないばかりか、故障ひいては重大事故を招くことにもなりかねません。「ク ラック&ゴー・ユニカ」は、外傷を受けたり、使用限度を超えると、最終的には切れてしまいます。 是非、この警告事項をお読み頂き、十分ご理解の上、正しくご使用下さいますようお願いします。
81
必ず時速50km以下で走行してください。
時速50kmを超えて走行すると、遠心力によりチェーンがタイヤから浮き上がり、車体に接触し傷つけたり、外れて重大な事故につながるおそれがあります。車の走行速度が上がると加速度的にチェーンの摩耗が進行し、チェーンの寿命を短くします。
時速30km以上での走行はかなり危険です。時速30km以下での走行をお勧めします。
82
急発進、急加速、急ブレーキ、急ハンドル操作等、 急のつく操作は絶対に避けてください。
急発進、急加速、急ブレーキ、急ハンドル等の操作は、チェーンのネット部、 フック部へ急激に無理な力が加わる為、商品の短命化や切損の原因となり重大な事故につながる危険がありますので、絶対に避けてください。
83
片輪装着、左右異種装着の禁止。
片輪だけの装着や、左右が異なる品種のチェーンを取付けての走行は、 左右のタイヤの回転数やグリップ力が異なり、ハンドルをとられたり、 走行の安定性が低下し危険ですので、絶対に行わないでください。
84
雪道、アイスバーン、夜間の走行は、充分に車間距離を 保って走行してください。
雪道、凍結路では乾いた路面に比べ、予想以上に制動距離が長くなり ます。特に夜間は風向きの変化や日中の日照条件により刻々と路面は 変化しています。又、アイスバーンでは横滑りが起こりやすい為、歩行者 や他の車両等に充分注意してより慎重に減速走行を行ってください。
85
下り坂では、エンジンブレーキを併用して、減速してください。
FF車は急制動すると、後輪が横滑り(オーバーステア現象)することが あり、FR車は急カーブで前輪が横滑り(アンダーステア現象)することがあります。いずれも地形やスピードに充分注意し、減速走行してく ださい。
85
走行中に異常音が聞こえたら。
後方の安全を確認し、直ちに安全に減速・徐行し、安全な場所に停車 した後、原因を確かめ、必要に応じてチェーンを装着し直して再走行してください。
85
非積雪路・薄雪路を走行する場合。
非積雪路や薄雪路など、チェーンが直接アスファルト等の路面に接地する場合、チェーンは激しく摩耗し早期破損・折損する原因となります。氷雪路以外では出来るだけ速やかにチェーンを取り外してください。
やむをえずトンネル内や乾燥路面を走行する場合にはチェーンの摩 耗をおさえる為、時速30km以下に落として走行してください。


■使用後のお手入れ
81
使用後のお手入れは、温水でチェーンに付いた凍結防止用の 塩や泥等をキレイに洗い落とし、その後充分乾燥させてから、 サビ防止剤等を塗布して保管してください。
チェーン切れを見つけた場合はそのままご使用にならず、付属の 修理用リングを使って応急修理を行ってください。但し路面に 接するチェーンリングは修理できませんので、新品をお買い求めく ださい。
使用したチェーンの摩耗状態を確認してください。 摩耗が激しい場合(新品時の1/3程度摩耗している場合)は、 それ以上使わずに、新品をお買い求めください。

ご注意
 
取扱説明書の指示に従い正しく装着してください。いざという時あわてないように ご購入後直ちに雪のないところで事前装着を行ってください。

タイヤの空気圧は、必ずカーメーカー指定の空気圧に設定してください。空気圧不足は、タイヤに余計な負荷がかかり、チェーンの耐久性を悪化させます。

チェーン装着時に、タイヤ側面に装着の跡がついたり打刻文字が削れることが ありますが、クレームの対象にはなりません。
タイヤの実寸法は同じサイズ表示でも、タイヤメーカー、タイヤの種類によって多少 異なる場合があります。
チェーンは、ご使用前に必ず装着し、タイヤへのフィッティング及び車体との接触の 有無を確認してください。特にタイヤ内側と外側のすき間が狭い車種は、必ず現車で 確認してください。
あらゆる損傷、特にケガや物損、第三者に対する損傷やそれらに関わることにより 生じたタイムロス等についても、一切の民事責任は負いかねますので予めご了承 ください。
間違った使用方法や取り付け方法に起因する損傷、又はチェーンの摩耗切れ等に 関しては一切責任を負いかねます。
本商品は普通、小型自動車及び軽自動車専用として開発した自動車用スノーチェーン です。いかなる場合においても上記以外の自動車に装着した際にはクレーム及び、 補償の対象となりません。*牽引車には装着出来ません。
走行中にチェーンが切れた場合は、速やかに取り外して必要な応急修理を行ってく ださい(そのまま走行するとボディー等への損傷を招きます。その場合、クレーム又は 補償の対象となりません)。但し、路面に接するチェーンリングの応急修理は出来ません。
チェーンを装着した車を発進させる際に、オートマ車はクリープ現象(注)を使い、 マニュアル車は2速ギアを使うなど、タイヤを空転させない発進を心掛けてください。 チェーンを装着したタイヤの空転(空回り)はチェーンに無理な力がかかり、破損の 原因となります。チェーン装着時はアクセル、ブレーキ、ハンドルなど、ゆっくり・てい ねいに操作してください。
(注)クリープ現象とは、アクセルペダルを踏まなくてもクルマが動く現象のこと
本チェーンの装着によって、氷雪路の走破を保証するものではありません。







ページトップへ